介護職

高齢化社会と介護職

重要性

高齢化社会になってくると介護は必須です。そうなると介護職に就く方が必要です。介護職の重要性は感じ取っている事実です。しかしこの重要性ほどのお給料が伴っていないのも事実です。

 

これはなぜでしょうか。
介護職と言うものを家政婦の延長としかみていないからだと思われます。介護職は専門職と言う認知をされるようにしなければなりません。

 

同様な職種に工事現場でのお仕事。日雇い労働者と言う部類でしょう。この日雇い労働は安いお給料と言うことは今も昔も変わらいません。然しこの人達のお蔭で道路ができているのです。
介護職もこの工事のお仕事も
重要性はあるが、誰にでもできる仕事と言う捉え方のもとにあるのでしょう。

 

しかし介護は機械ではできません。そこが存在価値を低くみられているのでしょうか。

 

 

介護職に就かれている方は過酷な労働のもとにあります。この労働にに合ったお給料をと思うのが世の常です。しかしまだまだというところが現実です。

 

介護職はこれからもっともっと重要性は高まります。重要ならば給料をUPするべきだと思います。この問題に取り組まないと介護職の人手不足も慢性的なものとなってしまいます。介護を考える上で避けては通れないことです。

 

介護職の待遇改善する上での問題はなんでしょうか。

介護職は離職率が高い職業です。なんとその7割が3年未満で職を離れているのです。介護職へ就こうとする人は人の役に立ちたいとか働き甲斐を求めてこの職種を選ばれたことでしょう。しかし現場に入ると現実の重たさや理想とのギャップに耐えかねてしまうのです。
もちろん個人的な向き不向きもあります。しかし働き甲斐や遣り甲斐が重労働にもかかわらない給料の低さや社会的な評価の低さなどが不満となり爆発してしまうのです。
この報われない思いは多くの人は介護職と言うシステムに問題があるのではにでしょうか。
この問題に目が向かられたのは2008年ごろです。この時期からも殷代への解決はみられたのでしょうか。2011年に国の施策として
1万5千円を一律に介護職に携わっている人たちに支給されることになりました。金銭面の問題解決には動きがありましたがこの他にある介護職を雇用する側の問題です。現実問題、
現場は少人数で経営状態も悪いため、十分な報酬を払うことが不可能な施設がほとんどです。ですから仕事に余裕がありません。人材育成のための時間を確保するのが困難な状況におかれています。
まずは雇用者の役割を果たすことは重要です。ですから社会全体の問題としての捉えることが介護職従事者の質を高めることになるのです。しかしなかなか改善はされていないのが現状です。高齢化社会です。
介護への関わりをゆったりと考えている間はありません。介護に携わる方々特に若い世代に対して介護職への道を考える環境を作るべきです。

エリア別の看護師求人募集情報

医療行為を行ううえでは国が定めた資格が必要になります。

しかし介護職と言うのは特別な資格を必要としません。そんな中でも認知症などの人への対応には専門的な知識が必要となるケースもありますから専門的な知識を持ちより質の高い介護職を目指す人たちもいらっしゃいます。また高齢者が病気になりやすく、介護が必要な人が増えているため病院にも介護施設を併設するところが増えてきています。
認知症などの人は医療関係者でなければ治療を行うことはできませんが介護職においてのサポートは可能です。
医療と介護が一体化となります。
介護には在宅、デイケア、グループホーム、老人ホームなどの様々な形態がありそれらから選択できます。どの現場も介護をする上で重要な役割を果たしています。

 

医療技術は進んでいます。だからといって介護が不要になることはないのです。医療が進むからこそ介護は重要になってくるのです。

 

介護職に携わる人はステップUPのために新たな資格取得される方もいます。しかし介護職から医師や看護師となると困難なことも多いでしょう。
そんな中で質の高いサービスを提供するために社会も動き出さなければならないのです。

雇用条件

介護職に就くにあたって特別な資格は必要ありません。
しかし、資格を持っていることが雇用条件が高めることは言うまでもありません。
しかし介護の現場においてはどうでしょうか。看護師と介護職員。資格が違えど利用される方へは同じサービスをすることが要求されます。それぞれの取得資格の違いや立場の違いがスタッフ間のトラブルを招くこともあります。
介護職同士がもめているような施設は居心地が悪いはずです。

 

介護職に従事する上で専門の教育がなんだったかは重要なポイントになります。
例えば看護師の資格を持った人とそうでない介護職従事者では医療行為に対しての関わり方違ってきます。看護師ならできるのが医療行為です。しかし介護となると介護職の方の方が経験が豊富です。
看護師と介護職の連携が入り高い質のいいサービスができるのです。
介護の現場ではストレスを非常に感じる場です。心の疲労は人間関係をも悪化させます。その部分の改善も大きな課題です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
サルでもわかるFX